ジャパントップ10を最近聞き始めた方、さらには以前からのリスナーの方でプログラム構成に興味があるという方向けに、我々のポッドキャストがどのような内容を提供しているか以下に示しました。

ジャパントップ10のエピソードは5種類ございます。(それぞれの詳細をご覧いただくには、以下にある各カテゴリーをクリックしてください)

トップ10カウントダウンエピソードは通常 “Japan Top 10 Month Year Countdown”といったタイトルがついています。これらはジャパントップ10の特徴的なプログラムで、タイトルに示してある時期の日本のラジオチャートからトップ10を作成しています。1つのエピソードにつき、一人のナビゲーターが担当します。Patreon Donorの方については、トップ10の他に、幅広い日本音楽の中から選ばれたextra song 3曲をお聞きいただけます。トップ10エピソードは、月に1度放送されます。

各月の初めに、ナビゲータのエセルがアーティストもしくはバンドを選び、最もヒットした5曲を特集します。Patreon Donorの方は、10曲お聞きいただけます。曲のリストは通常、オリコンやJapan Hot 100チャートから選ばれますが、他の要素も考慮してランキングを作成しています。(その曲の認知度、YouTubeでの閲覧状況など)

特別エピソードは通常“Japan Top 10 Month Year Special: Theme”といったタイトルがついています。これらエピソードの一部はコラボエピソードで、二人のナビゲーターが会話形式で話を展開していくものです。それ以外は一人のナビゲーターが1つのエピソードを担当します。テーマはPatreon Donorの方もしくはプログラム監督により決められます。一般リスナーの方は5曲、Patreon Donorの方は10曲お聞きいただけますが、音楽監督の決定により、曲数が増減することもあります。特別エピソードは特別に明言されない限り、カウントダウンではなく、テーマに沿った曲の特集です。(曲順も特に決まっていません)また、リリースのスケジュールも決まったパターンはありません。

最大のエピソードであり、リリース時期により、2つの異なるテーマに沿って特集が組まれます。1つは7月上旬、もう1つは12月もしくは1月上旬にリリースされます。7月のエピソードは特別テーマに沿った内容で、12月もしくは1月のエピソードはその年(1月なら前年)に流行った曲が流れます。エピソードが長いため、通常全てのナビゲーターが担当することになります。特別テーマの曲はオリコンやJapan Hot 100チャートから選ばれますが、他の要素も考慮してランキングを作成しています。(その曲の認知度、YouTubeでの閲覧状況など) 年末エピソードは、通常のトップ10チャート、オリコン、ラジオチャートやその年の人気をはかることのできる様々な要素に基づいて決められています。

新しいタイプのエピソードです。トークがメインで、日本の文化を取り上げます。2人のナビゲーターが日本の文化に関するトークを繰り広げ、トピックにちなんだ曲を数曲流します。カルチャーエピソードは、リスナーの皆様に日本の音楽について伝え、楽しんでいただき、日本の音楽・文化へより関わっていただくという使命を意識したものです。これらのエピソードは月に1回のペースでリースされます。

我々のポッドキャストではヴィジュアル系、80年代ポップなど様々な分野の日本音楽を取り上げています。そのため、公式に決まった形式はありませんが、J-ポップのジャンルに当てはまるものをより多く取り上げています。

さらにご質問がある方は、FAQページをご覧いただくか、直接ご連絡ください。